アーキズム第2号が発刊します!

2018年1月31日(水)発刊が決まりました!

 

今号は「地方というフィールド、その選択」というテーマでの発刊となりました。

鹿児島の中でも地方といわれる鹿屋や出水を拠点としている建築士や、奄美出身で鹿屋で学び、福岡を中心に展開している建築士など、同じ「地方」というフィールドの中で、違った視点で鹿児島を捉え、様々な活躍をしている方々をご紹介します。

 

今回はこれから就職活動をスタートさせる学生や建築を勉強する方々に向けて企業様から求人広告も掲載しています。県内では就職サイトやHPに掲載していない求人がほとんどなので要チェックですね。アーキズム鹿児島では、配布・設置していただける学校、SHOP、企業様を募集しております。

詳しくはお問合せください。

 

第2号について

2018年1月31日(水)発刊

フルカラー

今号は「地方というフィールド、その選択」というテーマでの発刊となりました。

鹿児島の中でも地方といわれる鹿屋や出水を拠点としている建築士や、奄美出身で鹿屋で学び、

福岡を中心に展開している建築士など、同じ「地方」というフィールドの中で、違った視点で鹿児島を捉え、様々な活躍をしている方々をご紹介します。

 

求人募集も

今回はこれから就職活動をスタートさせる学生や建築を勉強する方々に向けて企業様から求人広告も掲載しています。

県内では就職サイトやHPに掲載していない求人がほとんどなので要チェックですね。

 

 

 

 

また個人的に発信したいことは

「Kagoshima Design Project 2018」という2月に開催する設計展について!

 

 

 

Kagoshima Design Project 2018とは?

 

 

県内の建築学生による、合同設計展が開催されることになりました。

↑↑主催は学生たち!

 

「鹿児島の建築を学ぶ学生が、鹿児島の建築の企画・展示する」

そして、この設計展が建築を学ぶ県内の学生同士たちの交流の場になることを願っております。